徹底解説!クラウドファンディング

その仕組みを理解するには比較が最適です

クラウドファンディングを比較する際には、どのようなクラウドファンディングがあるかを知る必要があります。当比較サイトでは様々なクラウドファンディングの存在を認識できます。クラウドファンディングの種類は様々で、融資型なども人気で、様々なプロジェクトに投資する形態のものも人気です。比較をすると自分が求める条件を知ることができて有益です。

自分が資金を募る側か、資金を出したい側であるかでクラウドファンディングに対する視点は異なります。資金を出したい側はより魅力的なクラウドファンディングの存在を知りたいです。魅力的なクラウドファンディングをたくさん紹介しているサイトを見ることは有益です。

クラウドファンディングで資金を募りたい場合は、より上手い紹介をしてプロジェクトを魅力的に見せる必要があります。どのように紹介するかを考える時に便利なのが、既存のプロジェクトの仕組みなどを比較して参考にすることです。当サイトではどのようなクラウドファンディングのプロジェクトがあるかを知ることができます。

A-port

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★

ポイント

  • 朝日新聞社が運営しているという安心感・信頼感
  • 新聞社ならではの情報発信力などの様々なノウハウを持つ
  • アニメやゲーム、伝統工芸に至るまで様々な分野のクラウドファンディングに対応

朝日新聞社が運営する、クラウドファンディングサイトです。税金で補助されない事業などを、有志達に呼び掛けて資金を調達するこのクラウドファンディング市場は、現在急速に拡大しています。朝日新聞社が運営しているという安心感が売りのこのサイトには、多種多彩なプロジェクトが集まっています。

このA-portの魅力は、新聞社ならではの情報発信力があるという点もあります。取り込もうと思っているプロジェクトを知らせたい世代などに的確に、効果的に情報を発信してくれるのはここならではのサポート体制と言えます。

取り扱っているジャンルも、アニメやゲームなどの分野から、伝統工芸や芸能といった幅広い分野を取り扱っています。こうしたキャパシティの広さというのも、メディア企業の持つ強みといって良いでしょう。

公式サイトはコチラ

FUNDINNO

総合評価 ★★★★★
顧客満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★★
サービス度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★

ポイント

  • 株式投資型で広く投資家から資金を集められる
  • お金を集めるだけでなくビジネスフォローがある
  • 資金を集める立場と投資をする立場がある

株式会社は株主に出資をしてもらいその資金を元に企業活動をして出資者に利益分配などを行います。広く出資者を募るには上場が必要になりますが、FUNDINNOによる株式投資型クラウドファンディングによって上場せずに出資者を集められます。

お金はなんとか集められたもののそのお金をうまくビジネスに生かしきれないときもあるでしょう。クラウドファンディングによる資金調達だけでなく、お金を集めた後のフォローもしてくれるのでお金の無駄を減らせます。

資金調達をしたいなら事業者として登録をすれば投資家を集められます。一方投資家としてのやり方は、新規登録後にプロジェクトを選んで投資を行います。

【FUNDINNO】株式投資型クラウドファンディング

公式サイトはコチラ

クラウドクレジット

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★
使いやすさ ★★★★
サービス度 ★★★
掲載情報量 ★★★

ポイント

  • 伊藤忠という大企業が出資しており、安心感があります。
  • 新興国向けのファンドが多数であり、社会貢献のできる投資です。
  • 実績平均利回りは6.77%ですが、為替差益の影響もあり、10%を超える利回りの時もあります。

クラウドクレジットは、ソーシャルレンディングと言われる貸付型クラウドファンディングの一つです。貸付型クラウドファンディングとは、お金を借りたい企業に対して、中継の企業(クラウドクレジット)を通して個人の投資家が投資をする仕組みです。1万円から投資することができ、初心者でも参加できるようハードルが低くなっています。

積極的に情報発信をしており、これまでに50回のセミナーの開催や、動画コンテンツを多数配信などソーシャルレンディングを学ぶことができます。ブログの記事配信もしており、社長自らコラムを作成したりして情報の発信をしています。これらを活用することで投資するメリットデメリット、どのように投資すればいいかのノウハウ、クラウドクレジットがどのような取り組みをしているか知ることができます。

ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)業界では、不祥事があり倒産してしまった企業もいくつかあります。その点クラウドクレジットは、伊藤忠などの大企業が投資をしているという安心感があり、信用度は他に比べて高い方です。返済遅延は何回かありますが、多国の新興国での投資ファンドがあるため、国や通貨による分散投資が可能です。為替差益が不安な場合は円建ての投資ファンドを選ぶこともできます。外貨建ては為替差益の期待ができますが、反対にリターンが下がってしまうということもあります。HPでの実績平均利回りは6.77%です。為替の影響から元本割れすることもあります。

ソーシャルレンディング

公式サイトはコチラ

Crowd Bank

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★
サービス度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★

ポイント

  • 上級者から初心者まで新時代の資産活用
  • 融資型のクラウドファンディングサービス
  • 一般個人でも大型の投資に参加可能

Crowd Bankは融資型のクラウドファンディングであり、一個人の参加を可能としました。かつて配置個人の場合、少額投資にしか参加することができませんでしたが、Crowd Bankは大型投資商品への参加を実現したのです。

クラウドファンディングの選び方で大切なのは、インターネットを活用することで中間コストを削減し、より多くの利息が投資家に回るようなシステムを選ぶことです。優良な貸付先への融資で大きな収益を生み出すことに成功しました。

クラウドバンクでは、個人であっても有料貸付先への投資を可能とし、資産を集約することで、以前は実現不可能とされていた少額投資を大型案件に実施することで、より多くの利益を得ることを可能としたサービスです。

新しい投資のカタチ クラウドバンク

公式サイトはコチラ

PocketFunding

総合評価 ★★★★
顧客満足度 ★★★★★
使いやすさ ★★★
サービス度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★

ポイント

  • 1万円から投資可能なところが初心者向け
  • 投資に役立つ情報が満載となっている
  • 法人口座の申込みも請け負っている

投資に興味を持っている人にとって役立つ情報を提供してくれる会社です。例えば、クラウドファンディングを始めたいという人にも適しています。沖縄発のクラウドファンディングなのです。

新しい資産運用としてクラウドファンディングは世界的にも注目されています。PocketFundingの良いところは1万円からでも投資可能なところです。そのため、学生や初心者なども比較的すぐに安心して始められます。

また、PocketFundingでは様々な情報を提供しており、投資初心者にも様々なサポートをしています。マネーブログや投資セミナー情報などを案内しているのでサイトをチェックしてみましょう。

新登場アジア市場の中心沖縄クラウドファンディング【PocketFunding】

公式サイトはコチラ

CAMPFIRE

総合評価 ★★★
顧客満足度 ★★★★
使いやすさ ★★★★
サービス度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★

ポイント

  • 日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームであるため、資金が募りやすくなっている
  • リターンを返すことができること
  • 少額からプロジェクトの資金を募れる

CAMPFIREは、日本最大のクラウドファンディング・プラットフォームでありますので、それだけインターネットを通して企業やクリエイターそして起業家などから資金を募りやすくなっています。これがここの強みの一つです。

また、リターンができるのが最大の強みです。募った資金に対して金利や株式ではなく、モノやサービスそして体験などの、プロジェクトのみでしか入手することができないリターンを返すことができます。

さらに、インターネットを通して10,000円という少額からプロジェクトの資金を募ることができるため、より多くの方から資金が得られやすくなっています。

公式サイトはコチラ

クラウドファンディングをしてやりたいことをやってみましょう

本来やりたいことがあるにもかかわらず、お金がないと言う理由で諦めている人はかなりたくさんいます。実際に今、やりたいことを諦めているような状況なら、自己責任でお金を借りてでも、やってみる価値はあるでしょう。ただ、金融機関からお金を借りると、それなりにリスクもあります。それを考えると、リスクの少ないクラウドファンディングでお金を集めるのも、良い判断です。クラウドファンディングで集めたお金に関しては、必ずしも返済する義務は無いので、そういった意味ではかなり気楽に利用できるシステムだと言えるでしょう。ただ、なぜお金を集めるつもりなのか、その目的を明記しておく必要があります。そこに加えて、お金を出してくれた人にはどのようなメリットがあるのか、そのお返しの内容に関しても考えておかなければならないので、そこは注意です。お返しの内容が魅力的であれば、かなり早い段階でお金を集めることができるでしょう。

とりあえず、クラウドファンディングができるサイトを探して、そこでプロフィール登録をするのが最優先事項です。プロフィール登録をした後は、自分自身がやりたいことを細かく記入して、様々な人たちに共感してもらうことが重要といえます。今の人たちが、どのようなことに興味を持つ傾向にあるのか、その時代の流れなどもつかんでおく必要があるでしょう。それが分かっていれば、さまざまな人たちに共感してもらうことができるため、お金を集めやすくなります。実際にクラウドファンディングでお金を集めている人たちが、どのようなノウハウを駆使して集めているのか、それを実際に調べて、勉強しつつ集金を開始してみるのが妥当です。何も考えずにクラウドファンディングに参加するよりは、お金を集めやすくなるでしょう。

クラウドファンディングを利用する目的は、人によって異なりますが、本当に様々な種類が存在しています。ビジネスを展開したり、商品を開発したりすることにも使うことができますし、目に見えないものでも、サービスやエンターテイメントなどといったものを、出資者に提供することも可能です。とにかくどのような形でも、出資者が納得でき、なおかつ自分のやりたいことができれば良いわけですから、そこに共通したものを見出し、効率よくお金を集められるように工夫してみましょう。もし目標金額に達成しなかった場合はどうするべきなのか、そこも先に考えておくべきです。お金を返済しても良いですが、返済せずに、集まった分のお金を使って、それでもやりたいことを貫くといったことも考えられます。出資者に極力迷惑がかからないような結末にしましょう。

TOPへ戻る